衆院・参院議事録要約

衆院・参院の議事録を要約してます。

日米地位協定第17条と関連合意議事録って矛盾するんじゃないの

ちなみに、ツイート内の条文も、すべからく要約してあるので気をつけて。
正しい条文を知りたい場合は、質問主意書答弁書オリジナルを当たるか、法律名でぐぐってね。


これは、日米地位協定に規定されてる米軍の「施設及び区域」外の場合、日本当局が警察権を行使できて普通だよね?みたいな一般認識を問うているだけで、「施設及び区域」外だからといって、日本が警察権を行使できるという法律があるわけではないくさい。
紛らわしい。



刑特法とは、日米地位協定に基づく条約国内法として、アメリカ合衆国軍隊に関する刑事手続きについて定めた法律。




日米地位協定第17条10(b)では、「米軍の施設及び区域外における警察権は、米軍の規律・秩序維持のため」って書いてあるのに、地位協定17条関連合意議事録では、「日本国当局は、所在地に限らず、合衆国軍隊の財産に対する警察権を行使しない。合衆国軍隊の当局の権限ある者の同意があればこれに限らない」なんてことが書いてある。
これは矛盾ではないんだろうか。。
つまり2つをまとめると、基本的には米軍の財産に対する警察権の行使は米軍しかできないけれども、米軍の同意があれば、日本が行使できる。
ただし、米軍は施設及び区域外における警察権の行使は極力控えて(米軍の規律・秩序の維持に必要な場合にのみ行使するようにする)、日本側に警察権が行使できるよう配慮せよ、ってこと?
無理があるよね。。




参考:
日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法 - Wikipedia
日米合同委員会の刑事裁判管轄権に関する合意事項20